1. ホーム>
  2. GUI Tips>
  3. 正しく伝わる事のインデックス>

2-2-02. 二種類の点滅を使い分ける

通常は1Hz、警告は2〜3Hzとする

画面内の一部分を点滅させる手法は、ユーザーの注意を喚起させるのに非常に有効である。しかし、3つ以上の部分を同時点滅させると、それは逆効果となるので、その使用は最小限とすべきである。また、その適正間隔は以下の通りであるが、最新のW3Cのガイドラインでは、医学上の理由から4Hz以上の点滅を全面的に禁止している。(※1)


  1. @通常時:1Hz (デューティー比は50%以上)
  2. A警告時:2〜3Hz (デューティー比は50%以上)
「スタート」ボタンをクリックすると点滅します。



【参考資料】
※1:GUIDELINES FOR DESIGNING USER INTERFACE SOFTWARE by Sidney L. Smith and Jane N. Mosier (1984)
※1:Web Content Accessibility Guidelines (WCAG) 2.0
  ※1:Military Standard: Human Engineering Design Criteria for Military Systems, Equipment and Facilities by Washington, DC: Department of Defense.(1983)