1. ホーム>
  2. Wearable Devices Note>
  3. Smart Watchのインデックス>

SW-08. swatchグループのブランド戦略

手工業による機械式時計の物語性

私は「ブランドとは品質に裏付けられた物語である。」と考えている。
先述の「鍛造+切削+サファイアガラス」で作られた機械式時計は、オーナーの思い入れを投影しやすい。
さらに「世界トップレベルの時計職人による手作業」も商品価値を高めている。 そして、いろんな逸話が誕生する。「土の中から出てきた祖父のROLEXを修理に出したら、治って帰って来た。祖父の時間が、ふたたび動き出した!」といった話である。 世界的に有名な、スポーツ選手・俳優・冒険家に装着してもらい、物語を拡げる。そして最終的には、感情移入によるロイヤリティへと誘導する。
ブランド戦略の結果、腕時計の輸出は以下の様な数字となる。 水平面の目盛りは輸出の個数であり、日本6000万個、スイス3000万個である。 垂直面の目盛りは金額である。日本1000億、スイス2.1兆。数量では2倍を輸出しているのに、金額は20分の1である。と云うことは平均商品単価では40倍の差となる。