1. ホーム>
  2. GUI Tips>
  3. 安全性の考慮のインデックス>

3-1-02. 説明文は、ボタンの上部に配置する

操作時点でも表記が見れるので、ユーザーのエラー軽減に繋がる。

デザインの関係やスペースの都合で、説明文を「ボタンの上部」ではなく、「ボタンの下部」に配置する事があるが、これは、2つの点で問題である。ひとつめは、別項(2-1-01)で説明している「視線の流れ」に反する事。説明文を読んで、それに対する対応をして欲しいのだから、ボタンは文章よりも「後」でなければならない。
ふたつめは、タッチパネルの場合、操作時に自らの手で説明文を隠してしまう事である。説明文がボタンよりも上部にあれば、操作する時点でも、その文章を読んでもらえる可能性がある。それは、ユーザーのエラー軽減に繋がる事である。